*

オリジナルレコードの音が良いワケ 1

公開日: : レコードの話

私がオリジナルレコードにこだわるのは、
その音質がいいからです。
じゃなぜオリジナルは音が良いのでしょうか?

オリジナル盤 = そのアーチストの国のレコード

であるのが、ひとつの要因です。

オリジナルレコードの音が良いワケ

例えばですが、
マイルス・デイビスは、自国であるアメリカでレコーディングします。
(ここでマスターテープが出来上がります)
そして、ヴァン・ゲルダーと音の調整をします。
(レコードではカッティングが、現代のマスタリングと考えていいと思います)
あーでもない、こーでもない。とマイルスと言い合いながらカッティングして、
原版を作り、この原版の型からレコードをプレスして完成させます。
これがオリジナル盤レコードです。

さて、日本で発売されるマイルスのレコードはアメリカ産でしょうか?
違いますね。
日本のレコード会社が、日本の工場で作ります。

その作り方は、アメリカからマスターテープを送ってもらい、
このテープから、原版を作ります。

おわかりでしょうか?

ヴァン・ゲルダーが、マイルスの意見を聞きながら
カッティングした原版では、ないのです。

もちろん、マイルスがわざわざ日本に来て、
カッティングに立ち会う事も、まずありえません。

そもそも、あの時代は、デジタルなんてありませんから、
アナログ方式でマスターテープをコピーします。
そのコピーを日本に送ってくれるのですが、
アナログのコーピーですから、間違いなくオリジナルより音質が劣化しています。

劣化したマスターを元に、日本でカッティング。

これが、音の差になって現れると考えていいでしょう。

ですから、私的には、UKアーチストはUK盤。
USAアーチストは、USA盤が良いと思います。

もちろん、たゆまぬ努力と技術力で、オリジナルと差のないレコードもあります。
が、昔のレコードになればなるほど、その差は顕著だと思います。

現在のCDなどは、昔の音源でもリマスターして音を良くしていますね。
スゴイ進化です。素晴らしいです。
でも、
本当にマイルスが聴かせたかった音なのか

は、微妙なところですね。

ad

スポンサーリンク

関連記事

レコード用語 リングウェア

レコードの紹介で、 「リングウェアあり」 なんてのが出てくる事があります。 海外のレコード

記事を読む

レコード針について

レコードを聴くためには、当たり前ですが、レコード針が必要ですが、 レコード針にも種類があります。

記事を読む

レコード用語 マトリクス

レコード紹介にでてくる「マトリクス」という用語。 これは、デッドワックス部分(レーベルまわりの音溝

記事を読む

レコードが好きなワケ

なぜレコードが好きなの? 聞かれると非常に困るのですが・・・ コレクターに言わせれば、音

記事を読む

オリジナルレコードの定義

ここで言うオリジナルレコードとは、 一番最初にプレスされたレコード、本で言えば初版の事なのですが、

記事を読む

レコードのクリーニング方法

レコードのクリーニングについては、 それぞれの気に入ったやり方があると思います。 私がいろい

記事を読む

レコード チリノイズ撃退法

レコードにノイズはつきモノです。 でも無ければ、もっとうれしい。 ネットで見つけたレコードのチリ

記事を読む

レコード用語 プレッシングバブル

プレッシングバブルというのは、上の画像の中央にあるようなポツっとしたクボミ。 プレスの不良

記事を読む

レコードを買う場所

私は地方に住んでいますので、都会の方のように レコード店廻りができません。(都会の方、うらやましい

記事を読む

レコード用語 RVG

レコード紹介で良く出てくる「RVG」 これは、レコード盤に、この文字が入っているかどうかが重要です

記事を読む

ad

スポンサーリンク

ad

スポンサーリンク
Tubu Amp Doctor 6L6VGC 、PSVANE 2A3-T MARK Ⅱ、Golden Dragon チューブリングの音の感想

当ショップでTubu Amp Doctor 6L6VGC、PSVANE

Sovtek 5881 マッチドクワッドの音の感想レビュー

当ショップでSovtek 5881 マッチドクワッドを購入して頂いた

GOLD LION KT66/GOLD LION EL84 の音の感想レビュー

当ショップでGOLD LION KT66とGOLD LION EL

Mullard 12AX7 の音の感想

当ショップでMullard 12AX7を購入して頂いたお客様の感想メー

no image
中国球の納期について

こんばんは。 寒さにめっぽう弱い店長です。 本日はお知

→もっと見る

PAGE TOP ↑